読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動不足だと美肌になれない?運動と美肌の関係。


肌トラブルのないきれいな素肌を維持するに必要なことは、睡眠・食事・運動があります。今回は運動と美肌の関係について説明していきます。

まず運動不足になると血行不良や肌トラブルの元になります。体内に老廃物が溜まりやすく、栄養や酸素が肌のすみずみまで行き渡らなくなり、くすみや乾燥を招きます。しかし運動をして身体を温めることで全身の血行が良くなり、肌のくすみやクマが解消され、肌色がワントーン明るくなります。

また運動をして汗をかく事も美肌効果があります。ひとるはデトックス効果。老廃物など不要なものを体の中に溜め込むと、ニキビや吹き出物のトラブルになります。汗をかくことで、汗と一緒に老廃物を排出し、さらに余分な水分も体外へ出すことでむくみ防止にもつながあります。

さらに運動には幸福感やリフレッシュ効果が、精神状態を安定させる効果のある「エンドルフィン」「ドーパミン」「セロトニン」といった脳内ホルモンが分泌され、ストレス解消になり、肌トラブルの予防・改善に繋がります。

ではここで具体的にどんな運動をすれば良いのか説明していきます。
一般的には新陳代謝を活発にし、毎日少しずつ継続できる軽い運動、有酸素運動が美容には効果的だと言われています。
運動は美肌作りには良いですが、いきなり運動を始めると心臓へ負担をかけたり、思わぬ怪我の原因になりかねません。まずは、日常生活の中で運動量を増やすことから始めてみましょう。